シミを消す化粧品について。美白成分「ハイドロキノン」、「トレチノイン」の効果、注意点をはじめ、ハイドロキノン配合の化粧品を中心にピックアップ。シミを予防する成分ではなく、今あるシミをしっかりと改善する化粧品、成分をピックアップします。

シミを消す方法



・メラニンを排出する
シミを消すためには、ターンオーバーを促進し、メラニン顆粒を皮膚外に排出刷る必要があります。加齢によってターンオーバーが低下すると、メラニンが滞留し、シミが出来てしまいます。

ターンオーバーを促進する美白成分にはレチノイン(ビタミンA)をはじめ、システイン、エナジーシグナルAMP、リノール酸S、フルーツ酸などがあります。

・メラニンを還元する
酸化酵素「チロシナーゼ」によってチロシンが酸化し、黒色メラニンに変化します。還元剤は酸化した黒色メラニンを還元することで、シミを薄くする作用があります。

メラニンを還元する美白成分にはハイドロキノン、ビタミンC誘導体があります。特に、ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれており、シミを消す化粧品に欠かせない成分です。

シミを消す美白成分 ハイドロキノン



ハイドロキノンは2001年の化粧品規制緩和によって配合が可能になった美白成分です。皮膚科や美容クリニックでも処方される美白成分で、肌の漂白剤とも呼ばれています。

ハイドロキノンにはメラニン色素を淡色化する強い還元作用があります。チロシナーゼ酵素によって酸化してしまったメラニンを還元し、シミを薄くしていきます。

その他、ハイドロキノンは酸化酵素チロシナーゼを阻害する作用もあります。チロシンが酸化するのを防止することにより、シミの発生を予防します。

ハイドロキノンは紫外線を浴びると色素沈着を起こします。そのため、夜に使用するのが一般的です。紫外線対策も非常に重要になります。ファンデーションや日焼け止めを使用し、紫外線をブロックする必要があります。

シミを消す美白成分 トレチノイン



トレチノインはハイドロキノンと併用される美白剤です。ただ、トレチノインの医薬品扱いのため、市販はしていません。皮膚科で処方してもらうか、個人輸入サイトで購入する必要があります。

トレチノインはビタミンA誘導体(レチノイン酸)で、強力にターンオーバーを促進する作用があります。ターンオーバーをすすめることで、メラニンを肌外に排出します。

さらに、トレチノインには真皮の線維芽細胞を活性化してシワやたるみを改善する作用、皮脂分泌を抑制する作用などもあります。

トレチノインは非常に刺激の強い成分です。皮が剥けたり、赤みが出ますが、トレチノインが効いている証拠です。ただ、あまりにも赤みや肌荒れが酷い場合は使用を中止し、医師に相談します。

シミを消す美白成分 その他



●ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体には出来始めの炎症性色素沈着を薄くする作用があります。ただ、ハイドロキノンほどの強い効果はありません。高濃度ビタミンC配合タイプの化粧水がおすすめです。

●システイン
システインはアミノ酸の一種です。ターンオーバーを促進する作用に優れ、シミの排出をサポートします。システインはサプリメントや飲み薬に配合されています。

●トラネキサム酸
トラネキサム酸はアミノ酸の一種。肝斑に有効な成分です。炎症を引き起こすプラスミンを抑制することで、シミの原因となるメラニンの発生を抑えます。

シミの種類ついて



シミは後天性の色素細胞異常症のひとつで、原因の8割は紫外線です。その他、ホルモンバランスや炎症、加齢などがあります。基底層にあるメラノサイト(色素生成細胞)が刺激を受けることで、メラニン色素が生成されます。ここではシミの種類について紹介します。

老人性色素斑



頬骨や目尻にできやすいシミ。円形ではっきりしたシミで、年々大きくなり、色も濃くなってしまうシミです。薄茶色で大きさは様々。30代後半から40代で目立ちやすくなる傾向があります。

老人性色素斑の原因は紫外線です。紫外線を浴び続けることでシミは濃くなります。また、加齢によってターンオーバーが低下すると、シミが沈着してしまいます。

老人性色素斑の改善にはハイドロキノン配合の美白化粧品が有効です。また、ターンオーバーの改善も大切です。ターンオーバーの促進にはトレチノイン、ピーリング、L-システインなどがおすすめです。濃くて大きなシミにはQスイッチルビーレーザーによる治療が有効です。

炎症性疾患



ニキビ、虫さされ、かぶれなどの炎症が原因でできるシミ。ニキビの赤みが引いても色素沈着が残っている状態です。

炎症性色素沈着の改善にはビタミンC誘導体やハイドロキノン配合の美白化粧品が有効です。その他、ターンオーバーを改善するL-システイン配合の飲み薬などが有効です。レーザー治療は炎症性色素沈着を濃くします。

肝斑



肝斑は頬骨部分に左右対称にできるシミです。女性ホルモンの影響でメラノサイトが刺激され、シミが発生します。第2子出産後に多く、30代~40代に多いシミのひとつです。

肝斑の改善にはトラネキサム酸の内服薬が有効です。擦ったりして肌を刺激しないことも重要です。ビタミンC誘導体やハイドロキノン配合の美白化粧品の併用も有効です。レーザー治療はあまりおこなわれていません。

そばかす



そばかすは遺伝的な要因でできるシミです。1~4ミリ程度の小さな茶褐色の斑点が左右対称に点在しています。顔だけでなく、背中や胸元にもできることがあります。

そばかすには美容皮膚科でのフォトフェイシャルが有効です。光の力でシミの色素を分解していきます。レーザーに比べて肌への負担が少なく、ダウンタイムも殆どありません。

シミを消す化粧品 徹底比較

比較 アンプルール ビーグレン プラスキレイ アスタリフト サエル
美白成分 ハイドロキノン
アルブチン
ハイドロキノン
ビタミンC誘導体
ハイドロキノン アルブチン
ビタミンC誘導体
ナノAMA
ビタミンC誘導体
アルブチン
その他成分 ビタミンC誘導体
セラミド
αリポ酸など
オリゴペプチド
ポリアミン
アップレビティなど
レスベラトロール
アスタキサンチンなど
アスタキサンチン
コラーゲン
酵母エキスなど
セラミド
コウキエキス
ムラサキシキブエキスなど
価格 1,890円
送料無料
1,944円
送料無料
2,480円
送料無料
1,080円
送料無料
1,480円
送料無料
内容量 スポット美容液
化粧水
美容液
乳液ゲル
化粧水
美容液
クリーム
リッチクリーム
クリーム 化粧水
美容液
クリーム
先行美容液
化粧水
美容液
クリーム
特徴
新安定型ハイドロキノンを配合し、出来たシミにアプローチ。さらに、日中のシミを予防するアルブチン、ビタミンC誘導体等を使用した美容液などもセット。

ハイドロキノンを配合したクリーム、高濃度ビタミンCを配合した化粧水、美容液でシミにアプローチ。独自のQuSomeテクノロジーで美白成分がしっかり浸透。

ハイドロキノンを高濃度4%配合。出来てしまったシミの改善をサポート。その他、活性酸素を阻害するレスベラトロール、ビタミンC誘導体なども配合。

美白有効成分「アルブチン」「ビタミンC誘導体」がチロシナーゼ酵素を阻害してシミの発生を抑制。さらに、シミを改善するナノAMA、抗酸化成分を配合。

チロシナーゼ酵素を阻害するアルブチン、ビタミンC誘導体を配合し、シミを予防。その他、肌のバリア機能を改善するセラミド、抗炎症、抗酸化成分を配合。

化粧品以外のシミを消す方法 レーザー治療



●シミレーザー治療の種類
肌の奥で濃くなってしまった炎症性色素沈着にはレーザー治療が有効です。シミで使用するレーザー治療はQスイッチルビーレーザーをはじめ、QスイッチYAGレーザーなどがあります。その他、レーザーを使わない光治療もあります。

・Qスイッチルビーレーザー
Qスイッチルビーレーザーは、694nmの波長を出し、メラニン色素に作用するレーザー治療です。輪ゴムでパチンと弾く程度の痛みで、照射自体は一瞬で終わります。痛みを和らげる麻酔クリームを塗り、レーザーをあてていきます。皮膚に傷を残すことなく照射することができます。老人性色素斑の治療に使われています。

・QスイッチYAGレーザー
ルビーレーザーよりも強い光を発することで、皮膚の深いところまで治療が可能です。肝斑の治療やタトゥー、炎症性色素沈着の除去にも有効なレーザーです。1064nmの波長のレーザーでシミにしっかりとアプローチします。

・光治療(フォトシルクプラス)
メラニン色素に反応する光(UPL)を当ててメラニンを分解する治療法です。老人性色素斑、肝斑、そばかすに有効な治療です。さらに、コラーゲンを刺激することでハリ、弾力を改善する作用やニキビの赤みにも有効です。

●シミレーザー治療のデメリット

・術後のアフターケア
レーザー治療を行うと1週間ほどは保護用のテープで肌ダメージを抑えます。肌のバリア機能が極端に低下しているため、紫外線対策をしっかり行わないと、再びシミが出来てしまいます。また、治療後にカサブタができますが、無理に剥がさないように注意が必要です。。

肌にレーザーによる強い刺激を加えるため、一時的に色素沈着が発生することがあります。日本人はメラニン色素が多いため、レーザー治療後にでやすい症状です。シミが再発したと思われますが、種類が異なります。色素沈着を抑えるためには、ハイドロキノンクリームを使用することもあります。

●費用
シミ治療には保険は効きません。そのため、Qスイッチルビーレーザーは、は5ミリ以下であれば5,000円程度かかります。その他、メドライトC6と呼ばれるレーザー治療や光治療は1回あたり数万円以上かかります。価格はクリニック毎に異なります。

シミを消す化粧品 新着情報

 「ポーラホワイトショットCX」を追加しました。
 「レーザー治療」を追加しました。
 「サイクルプラス」を追加しました。
 「トランシーノⅡ」を追加しました。
 「白潤美容液」を追加しました。
 「プリモディーネ」を追加しました。
「シミを消す化粧品」について
シミ化粧品は美白化粧品とも呼ばれ、非常に多くの種類が販売されています。シミ化粧品には美白有効成分が配合されています。シミを作り出すチロシナーゼを阻害するビタミンC誘導体やアルブチンなどが配合されています。他に、紫外線を浴びることで発生するエンドセリンを阻害するトラネキサム酸やカモミラETなどが配合されたタイプ、出来たシミに有効なハイドロキノン配合タイプなどがあります。紫外線の多くは紫外線によって出来る老人性色素斑です。出来たシミにはハイドロキノン等を使用し、予防にはビタミンC誘導体やアルブチン配合のシミ化粧品がおすすめです。ただ、シミが濃く、大きくなってしまったらシミ化粧品だけでは薄くなりません。その場合は美容外科などで治療を受ける必要があります。